宮城県にある白石城に行ってみたらちょっとBASARAの匂いがした

庄内じゃない話

せんじつ。

 

夫のピエールが2泊3日で東京に行ったことがありました。

 

さて、酒田に一人残った私。何しよう。車はある。天気もよさげ……

 

そうだ、ちょっと遠出しよう|д゚)

 

せっかくだから山形県から出てみよう|д゚)

 

でも1人運転だから、片道3時間以内のところがいいな|д゚)

 

ついでに、鬼(ルビ:ピエール)の居ぬ間に温泉で一泊しよう|д゚)

 

向かった先は……

 

温麺(うーめん)で有名な宮城県白石市に行ってみました

行き先、宮城県に決定|д゚)

 

山形との県境からちょっと行った辺りに良さげな温泉を発見&その近くにお城もあるというので、ふらっとドライブがてら行ってみました。

 

お城の名前は「白石城」

ちなみに、現地に着くまでずっと「しらいし」だと思ってたら「しろいし」だったよ!前の会社に「しらいしさん」が居たからどうしてもそっちの読みに引っ張られちゃったけど、「しろいし」だったよ……!ごめんなさい、白石市……OTL

 

場所は、この辺。

冬はぜったいに通りたくない月山道(雪と氷の山道)を抜けて、一路宮城県へ……なものの、走っていたのはほぼほぼ山形県でした。でっかいね、やまがた|д゚)

 

白石城に着いたよ

お天気が良いドライブ日和を飛び越えて、真夏か!?ってレベルの日差しと気温だったこの日。

 

やまがたあついよー(‘Д’)

みやぎもあついよー(‘Д’)

 

お城の麓の駐車場に止めて、天守閣まで歩く途中で行き倒れそうになるくらい暑かったよー(‘Д’)

とりあえず歩くじゃん? でもお城って普通小高い場所にあるじゃん? 私、運動不足じゃん?

 

Facebookでチェックインだけして、門のあたりで引き返そうかと思った

 

いやいや、せっかく来たんだから行きましょうよ、天守閣。

とりあえず門まで到着。それをくぐって……

 

よし、目的地(※天守閣)はもうすぐだ!!

レイヤーさんが写真を撮ってはるわ。天気もロケーションも絶好だものね。

ていうか、あ、暑くないの……(‘Д’)熱中症気を付けてね……

みやぎ蔵王三十六景のひとつという白石城天守閣、入り口まで着きましたぞ。

……この後、まだまだ階段だけどね!!(‘Д’)

 

ちなみにこちら白石城ですが……

白石城(別名:益岡城、桝岡城)は、白石市の中心部(益岡公園)にあった平山城です。
仙台藩の南の要衝であり、関ヶ原の戦い後、明治維新までの260余年間、伊達家の重臣片倉氏の居城となりました。
明治7年に解体されましたが、伊達政宗の片腕として名をはせた片倉小十郎景綱の偉業を偲び、平成7年に三階櫓(天守閣)と大手一ノ門・大手二ノ門が史実に忠実に復元されました。

引用元:白石城・歴史探訪ミュージアム・武家屋敷

 

ほほう( ゚Д゚)

あ、ちなみに私……日本史はちょっと弱めでして……歴女的要素も刀剣女士的要素もないので、「ああ、伊達政宗」くらいのリアクションなことを……お許しください……

 

内部です。鎧を着て記念写真を撮ろう!みたいなコーナーもあったけれど……あっついよねえ……(しかも子供限定だったかもしれない)

これ着るの……あっついよねえ……昔の人を尊敬してしまう……

 

鎧や展示物を見ながら、階段を上って天守閣へ。

ちなみにこの階段、めっちゃ急で段が高くて怖いんだ!!行きはいいけど帰りがヤヴァイ。手すりにしがみついてへっぴり腰ですよ……

それでも何とか到着!ひゃっほい風が……ない( ゚Д゚) あぢぃ。

 

景色はすごいけど、いかんせんあぢぃ( ゚Д゚)

さっきまで居た下界……あぢぃ( ゚Д゚)

 

緑あふれる景色……でもやっぱあぢぃ( ゚Д゚)

 

……ってことで、天守閣を後にして涼を求めるべく、お土産屋さんへ向かいました。

 

BASARAってたり萌えっ子が居たりするお土産屋さん

さっき来た道を再び戻り、白石城のミュージアムショップへ。

 

ああ、お土産屋さん、冷房入ってる……(*’▽’)ヨカッタ

 

せっかく来たし、何かあるかなと見てたらさ……何、ここ、戦国BASARAとか刀剣乱舞とかそういう感じのコラボしてんの!?と思うものがチラホラ……

 

これとか。(メモ帳)

これとかも。(のぼり?)

やめてやめて、そういう戦法で攻めるのやめて!何かうっかり財布の紐がゆるゆるになりそうだから!

 

ちなみに、ちゃんと戦国BASARAもそっと飾られていました。(※コラボ品でも販売品でもない)

そして私、メモ帳買いました。デザイン費用+シルクスクリーン+いい紙でフルカラーのためか、結構いいお値段したから!(700円くらい)

 

近日中に私からお手紙が行く人には、伊達政宗が届くと思います(*’▽’)

 

あとね、こんな子もいたの。

東北ずん子ちゃん。

 

公式HPによると

17歳の高校2年生。必殺技は「ずんだアロー」。どんなお餅もたちどころにずんだ餅に変えてしまう。夢は秋葉原にずんだカフェを開くこと

……という女子。

 

ちなみに東北企業ならイラストを無償で商用利用できるんだそうな。知らなかった、まだまだ勉強不足だわ私( ゚Д゚)

 

ずん子グッズも購入しまして、私は灼熱の白石城を後にしました。

 

ほんとに暑かったんだってばよ!!|д゚)

コメント