湯野浜温泉の「愉海亭みやじま」でフランス人と愉快な珍道中

きょうこ
コロナの前のお話です

2018年3月に酒田市に引っ越してきてからというもの、結構な頻度で県外からの友達が遊びに来ていました。

関東住まいの私の友達はもちろん、東京に住んでるフランス人とか、フランスに住んでるフランス人とか。何なら一人インバウンドみたいな状態で。

 

時には10人くらいの団体様でやってくることもあり……

 

きょうこ
今となってはあの頃が賑やかで懐かしい

 

コロナ蔓延後は国内どころか県外への移動すら難しいような状況になってしまいましたが、そろそろ……復調の……兆し? ということで、フランス人を連れて行った、鶴岡市は湯野浜温泉にある「愉海亭みやじま」 への愉快な旅のお話です。

 

sponsored link

 

フランス人の旅のスタイル

フランス人というと「バカンス」が思い浮かぶかもしれませんが、フランスの皆様が日本へバカンスしに行こうという場合、どんっと長期間やってきます。これまでフランスからやってきた人たちは、大体日本滞在が10日~2週間くらいが多かった(はず)。

 

日本に初めてくる場合はやはり外せないのは東京・京都・大阪。そのうえで大体ピエールが勧めるのが、

 

ピエール
3~4日庄内においで

 

「大都市とか観光地ばっかりいると疲れちゃうでしょ、それに日本のローカルな場所に来てみるのも楽しいよ」ってことで呼び寄せるのですが、何と庄内エリアは外国人旅行者が十中八九買ってやってくるJRパスで新幹線+特急を乗り継いで来られる最果て(に近い場所)。興味を持つ人が多かったりします。

 

で、やってきた皆様は庄内の定番スポットにお連れするのですが(山居倉庫とか丸池とか出羽三山とか)、その中で時間に余裕があれば行くのが「どこかの温泉」。

 

フランスに限らずヨーロッパの場合、大体が食事なしもしくは朝食付きで一部屋いくら……みたいな宿泊体系なので、まず「1人いくら」というところで一波乱が起きるw

 

しかも温泉旅館だと大体1泊2食付き1万越えは当たり前だったりするので(もちろん時期と場所による)、「何で1人100ユーロ以上するの!?」的な波乱も巻き起こったりする……けれど、

 

ピエール
夕食のレストラン代が含まれてるんだよ

って言うと、大体納得。そして恐る恐る「いこっか、いいとこ選んで」ってなるわけ。

 

で、この時は日本に初めてのご一行様(男子3人)+映画が仕事な人たちだったので「スタジオセディック庄内オープンセット」に行きやすい場所がいいんじゃないか+自国では海から遠い場所に住んでるので海辺……ってことで、湯野浜温泉をチョイス

 

その中でも、浜辺ギリギリに建っていて展望露天風呂からは何も遮るものがなく日本海が見えるといううたい文句の「愉海亭みやじま」に行くことに決定(*’▽’)

 

sponsored link

 

愉海亭みやじまでおおはしゃぎ

酒田~鶴岡の移動なので「愉海亭みやじま」までは車で余裕♪なんですが……まずここで起きた問題が、

 

きょうこ
うちの車、
定員4人(運転手含)じゃんーーーーーー1人あぶれるじゃんーーーーーーーって、あぶれるの私じゃーん!!
ええ、私、電車+鶴岡駅から送迎をお願いしました……「5名様の予約ですよね?」って不安げに聞かれたわ!
私はずいぶん早くすんなりとついてしまい、わりとしばらくフランス人ご一行様を待った気がする……
とはいえ15時くらいには落ち合い、「とりあえず散歩するか!」ってなって、

ひたすら海岸を歩き、何なら海に入り、ついでにスマホで動画撮影とかしてるんだけども……あとで見せてもらったら動画の作りとかアングルがプロすぎてびっくりしたwwww

 

何の編集もなしにふと撮っただけなのに……

 

きょうこ
プロすごい
さんざん海岸を歩き(たぶん2時間近く浜辺をウロウロした気がする)、おっと夕陽の時間だいってことで、噂の展望露天風呂へ。
女性用に誰もいなかったから撮ったんですけどね、ほんとにすごい眺め。
目の前は海しかない!まさに、日本海に沈む夕陽を独り占めできるロケーション!!この屋上露天に入るためだけにお金払ってもいい!ってくらいの素晴らしき眺め。
ちなみに男女は入れ替え制になっていて、もう一つの方(夕陽の時間帯に男性陣が入っていた方)は、何と浴槽が漁船。
実際の船らしい。
男性風呂にもご一行様以外誰もいなかったようで、そのはしゃぎっぷりはすごかったらしく……
きょうこ
1時間以上帰ってこなかったよ!!!
踊るわ歌うわ写真撮るわ動画撮るわで、さんざん楽しんだご様子。楽しかったようで何よりだけど、見せられた写真にはいろいろなものが写っていたわよ……そりゃそうだ、風呂だもん……w
この時のプランには「夕暮れ時に食前酒サービス」的なのがあり、湯上りに(たしか)山形ワインをたしなみつつ……やってきたぜ夕食時(*’▽’)
椅子で良かったw
写真を見てお分かりの通り、当時は夏。ていうか、確か真夏。
庄内の夏ってことは、そう「岩ガキ」!!
やっぱせっかく温泉に泊まるなら旬のものとか名物食べてほしいよねぇと思って、生ガキが1人2個ついてくるちょっとお値段プラスのプランにしたんでした。
そしたら……「あ、ごめん僕カキ無理……」と次々と言われ……
きょうこ
私……聞いたよね、予約するとき「何か食べられないものとか苦手なものある?」って、聞いたよね!!!!!

と思いつつ、皆様から集められた岩ガキを大変おいしくいただきました。

岩ガキをたくさんもらっちゃったんで、代わりに肉を差し出したのは私です。優しすぎないか私。

 

この後またお風呂に入り、夜中まではしゃぎ、翌朝は……

 

あさごはーん(*’▽’)

普段は朝ごはんを食べない私ですが、旅先だとめっちゃ食べる。何なら三杯ごはんいっちゃう。胃の準備は万全よ!!って感じなんですが、国民全員健啖家みたいなイメージがあるフランス人、

 

(たいてい)朝は、食がめっちゃ細い

 

エスプレッソとかクロワッサンをかじるくらい……みたいなスタイルが多いため、日本の温泉旅館の「朝食膳!」とか「朝食バイキング!!」には青ざめる人も……

(ちなみにピエール母は「私は朝が弱いから何も食べられない、まずエスプレッソ3杯飲まないと目が覚めない」って言ってたけど、起き抜けにエスプレッソ3杯ってずいぶんと強靭な胃ですねと思ってしまったり……)

 

ピエールも日本に来たばかりで、初めて日本の「ザ・旅館の朝ごはん」を見たときは部屋から逃げ出していた(焼き魚のニオイにやられたらしい)けど、今はすっかり慣れてしまい、もそもそとパンをかじったりお味噌汁を飲んだりしている。

 

やはりこの時も、フランスから来たご一行様は「これも経験だ!」って言って意気揚々と(半分寝ぼけながら)朝食会場まで来たけれど……お膳を前にぐったりしていました。ああ文化の違いw

 

その後完全に目覚め、スタジオセディック庄内オープンセットへと旅立っていきました。ついでに羽黒山にも行ったらしいとか。

 

え、私? ええ、帰りも私、旅館の送迎+電車だったよ!!

 

sponsored link

 

ふるさと納税で「愉海亭みやじま」の宿泊券があるよ♪

展望風呂が最高の「愉海亭みやじま」が鶴岡市のふるさと納税にラインナップ入りしています♪

 

庄内で日本海を眺めながらとっぷり温泉につかりたい人にはとってもおすすめ。節税しながら1泊2食付きペア宿泊券をゲットしよう(*’▽’)

 

 

sponsored link
最新情報をチェックしよう!